地域だより

HOME» 地域だより » 北地域/講演会 小原康史先生を招いて

地域だより

北地域/講演会 小原康史先生を招いて2015.11.11

北地域講演会、小原康史先生を招いて
  「鍼灸経営学〔当院における自由診療と経営のありかた〕」 
   9月26日(土)鍼灸師会館をお借りして、北地域会員を限定とした講演会を開催しまし
 た。小原先生は、経営者的発想性の重要性を大切にされ、素晴らしい心のあり方、素晴ら
 しい哲学的経営思考を持っておられます。
  先ずは経歴を兼ねて、事業組織の社史沿革の説明がありました。昭和62年に往診開業か
 ら始められ、現在は大阪市北区で小原整体整骨鍼灸院、サービス付高齢者向け住宅「ベネフィ
 ットライフ」の経営、さらに香港を中心とする海外事業に着手されています。 また京セ
 ラの名誉会長稲盛和夫氏が塾長である盛和塾に入塾し「心を高め、経営を伸ばす」、「心
 のひもとき」の経営哲学を学び、従業員の為に物心両面の幸せの追求を使命とされていま
 す。ご自身は常に謙虚に奢らず、思いやりの心で接するなどのキーワードをお持ちです。
  フィソロフィーの観点から術者を入社時点のタイプ別で判断をされます。知識、技術、
 人間性の3要素から、①知識、技術が長けて人間性が乏しい自信タイプ、②知識、技術、人
 間性が平均的な普通タイプ、③知識、技術は乏しいが、人間性が素晴らしく長けている努
 力タイプに分け、各タイプに応じた職業人教育を行っています。特に人間性、人格形成が
 分母で、技術や知識を分子に置くことを主体にした人材育成を大切にされています。
  人材育成の一貫として、業績報告会を実施されています。その目的は、①全員参加の経
 営を目指す。②全員が経営感覚を身に付ける。③実学から学ぶ。④全員が発表することに
 より見方考え方に気づき各人のスキルアップに繋げる。⑤売上げ最大、経費最小にするな
 どです。健全なる経営は、従業員が幸せになる会社づくりであるとのコンセプト。また、
 経営のあり方は,「仕事,人生の結果=能力×熱意×考え方」であり、その為に心を高めな
 ければならないとの強い考えをお持ちです。
  心の中には、真、善、美があり、これは宇宙理論で、心を高めなければなりません。心
 の多重構造について、知性、感性〔五感〕、感情〔低次元の自我、煩悩〕、本能〔生命の
 維持〕、理性良心〔高次元の自我〕、元気、真我〔潜在意識〕の成長、衰退を繰り返し、
 心の努力を怠ってはいけません。との壮大なる宇宙観による経営者的発想性の重要性を以
 って、講演が終了しました。 
  今回は時間の制限で一部分の講演で終わりましたが、受講した北地域会員の先生方から
 小原先生の講演継続の要望が強く、次回講演の計画準備を致します。人間性、人格形成の
 上に知識、技術が成り立つもの。経営学とは、人間学の上に成り立つものと多くを学ぶこ
 とができました。
  最後に、ご講演頂きました小原先生には心から感謝申し上げます。
                       (北地域 奈良 上眞・太田 佐登恵)

:)北地域のみなさんと小原康史先生(写真:前列左)